Top Page > 2010年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月アクセス

日付 ユニークアクセス トータルアクセス グラフ
11/01 (月) 77 177 43.5%
11/02 (火) 77 164 47.0%
11/03 (水) 70 167 41.9%
11/04 (木) 83 204 40.7%
11/05 (金) 72 176 40.9%
11/06 (土) 57 154 37.0%
11/07 (日) 56 253 22.1%
11/08 (月) 69 150 46.0%
11/09 (火) 62 129 48.1%
11/10 (水) 72 146 49.3%
11/11 (木) 71 135 52.6%
11/12 (金) 45 109 41.3%
11/13 (土) 77 157 49.0%
11/14 (日) 74 165 44.8%
11/15 (月) 60 132 45.5%
11/16 (火) 57 131 43.5%
11/17 (水) 61 156 39.1%
11/18 (木) 66 166 39.8%
11/19 (金) 48 130 36.9%
11/20 (土) 69 161 42.9%
11/21 (日) 63 171 36.8%
11/22 (月) 72 159 45.3%
11/23 (火) 60 161 37.3%
11/24 (水) 71 166 42.8%
11/25 (木) 53 209 25.4%
11/26 (金) 77 186 41.4%
11/27 (土) 70 217 32.3%
11/28 (日) 83 154 53.9%
11/29 (月) 83 176 47.2%
11/30 (火) 74 146 50.7%
合計 2,029 4,907
スポンサーサイト

『日銀貴族が国を滅ぼす?』 上念司×ひろゆき 

nanasisedori

『日銀貴族が国を滅ぼす?』 上念司×ひろゆき 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11226613
非常に面白いです 是非見てみると良いと思います

11-29 00:52

基礎的な知識が無いので
理解できない部分が多かったですが面白いです 
知識が無いためどの程度現実を言い表しているかは分かりませんでしたが 
部分的にわかりやすい所もありその明快さから
上念司さんの優秀さがひしひし伝わってきます
11-29 01:46

個人の判断の範囲を超えているので
どなたか理解できる方の判断を読みたいところです 
様々な質問に端的な答えをしていることから
本質をつかんでの話のように見えますが・・・
どうなんでしょう・・・
11-29 02:34



「日銀貴族」が国を滅ぼす (光文社新書)

上念 司 (著)

この本の番宣番組のようですがこの本自体は
"ジャーナリスティック"的に書かれているらしく
論理的部分はぼ省かれているとの事です

番組では話がどんどん専門的な方に(多分マクロ経済学の考え方)にいき
専門的な知識が無いと100%は理解できない放送だった感じがします

経済学を知らない私には理解不能な部分も多かったですが
上念さんは以下の本に論理的部分が深く書かれていると紹介されていました

『昭和恐慌の研究』 [単行本]

岩田 規久男 (著)

高校生でも理解できるように書かれているとの事でしたが
幾つかのサイトを見た所実際には相当難しそうな本でした

大学の初年に使う数学の本は高校の教科書が理解できれば読めるはずですが
実際に全てを理解するのは極めて困難な場合があるのに似ていそうです

まあ、学者が書いた専門書っぽい感じなので仕方ないですが・・・

もう少しわかりやすい本として
以下の本も同時に紹介されていました

『この金融政策が日本経済を救う』 (光文社新書)
 
高橋洋一 (著)


上記の番組の内容は
マクロ経済学と経営者的視点によって進めれられていて
話の基準が終始移動していて気を抜くとすぐ置いていかれますが
2人とも頭の回転が速く切り替えしが冴えていて???面白いです


アマゾンの一部書評ではトンでも本ということも書かれていますが
論理的部分を省略した点と結論が常識とかけ離れている??ためトンでも扱いなのか
本当にトンでもなのかは上記に書いたとおり知識が無いため判断は保留ですが
個人的には著者がトンでもの様にはあまり見えませんでした

結論だけ話した場合でその結論が常識とかけ離れた場合
トンでも扱いされるという事は良くある事のだと思います
多分"ジャーナリスティック"(理論を省いている)という事が
トンでも扱いの原因なのかなという気がしますがどうでしょうか




話は全く変わりますが
『昭和恐慌の研究』岩田 規久男 (著)
はせどり的においしそうです

通常では考えられない価格でのご出品について アマゾン

【通常では考えられない価格でのご出品について】 (2010/11/29)

現在、一部の価格自動更新ソフトウェアをご利用されている場合、出品者様の意図しないうちに、商品価格が異常な高価に値付けされるケースが確認されております。
このため、購入者とのトラブル、もしくはその可能性を未然に防ぐため、通常では考えられない価格と判断される場合、出品者様への通知無しに、Amazonテクニカルサポートにて該当商品を出品終了させて頂く場合がございます。予めご了承下さい。

Amazonテクニカルサポート (2010/11/29 17:00)


せどっていて驚くような価格が表示される事が
稀にありますがこういったことが原因なのかも知れません

こういった場合普通にアマゾンのページを当たってみると
最低価格は1円とか普通の価格のケースが多いです

このような場合「通知無しに該当商品を出品終了」
という事なので通常の価格に戻すほうが良い様です

私が見たケースだと最低価格が90円とか300円の本が
800億円だか8000億円だかのありえない金額が最安値表示だったので
ご覧になり驚いた方も多いかも知れません

正確にどの本かは記憶していないのですが
上記の本は準回転本だったので購入しました
スポンサードリンク


スポンサードリンク

カテゴリー

楽天カード

せどりの必須アイテム楽天カード


楽天カードの申し込みはこちら
ここから申し込むと上記のポイントがもらえます
(他の所で申し込むと2000ポイントのみ)

1、せどり最高のカード
2、楽天市場での還元率2%
 (楽天は梱包材最安値商品多数)
3、楽天感謝デーに使うと還元率3%
 (毎週土曜が楽天感謝デー)
4、仕入や普段の買い物でも1%還元
5、1ポイント1円相当
6、年会費・入会費・手数料永年無料

下記の楽天市場の商品以外でもブックオフ、アマゾン、スーパーなどカードが使える所であれば1%分のポイントがつくので上手に利用すれば梱包材などせどりで必要な消耗品の何割かがポイントでカバーできたりします。現在他のカードを利用していても楽天カードは還元率も最高で5000円分のポイントが付与されるので手元においておいて損はないでしょう。こちらからも申し込みが時々あるみたいです。

楽天カードについての記事はこちら

クッション封筒


【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚19.9円 3980円 DVDサイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約204x305mm
内寸:約184x305mm
ベロ:約40mm



【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚24.9円 4980円 B5サイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約236x305mm
内寸:約216x305mm
ベロ:約40mm


プチプチ封筒(クッション封筒)
感想・使用感などの記事

楽天市場




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。