Top Page > スポンサー広告 > キンドル・ファイア(Kindle Fire)Top Page > せどり お気に入りの記事 > キンドル・ファイア(Kindle Fire)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンドル・ファイア(Kindle Fire)

<キンドル・ファイア(Kindle Fire)>

 アメリカでアマゾンの「キンドル・ファイア」
 が販売になり話題になっているようです

 199ドルで値段もにipadに比べ半額以下、OSはアンドロイド
 7インチタッチスクリーン、キンドルの拡張版という事ですが
 今のところiPadキラーにはなりきれていないとのことです


ハードが赤字でもソフトで回収

 販売元がアマゾンという事で仮にキンドル・ファイア自体が
 赤字でもソフトで十分回収できるという戦略が第一に浮かびます

 ゲーム機自体が赤字でもソフトで回収
 または販売数が増えるとコストダウン出来
 黒字になるという話と似ています


<電子書籍とせどり>

 読みやすそうで紙の本よりダウンロードする金額も安くて
 普及すれば紙の書籍のシェアを何割か持っていかれそうです

 まあ、新しいメディアが生まれるたびに
 旧メディアも危機にさらされますが
 紙の本がすぐになくなるということはないと思います

 ラジオ放送はテレビが始まっても生きていますし
 ネットが普及してもテレビが完全に無くなる事はないでしょうし
 利用率は「便利さやユーザーのニーズによって決まる」わけですが
 紙の本が完全になくなるには相当早く見積もっても
 あと数十年は掛かりる気がします


<今後の流れ:電子書籍後進国>

 今後どんどん新たな電子書籍が販売され
 浸透していくようですがこの国は出版業界が特有で
 旧態依然としている部分があるので他の国と比べ
 日本は電子書籍後進国になる予感がします

 (上記の2項目はキンドルが出たときに書いた記事の流用です)



nanasisedori

『iPadの先を行くアマゾン「キンドル・ファイア」の革新性』    http://t.co/k7O5dkDi
10-01 01:58

米アマゾンの「キンドル・ファイア」、知っておくべき8つのポイント http://t.co/ZuhXZbIA
10-01 18:04

キンドル・ファイアは実は赤字だった http://t.co/AhJmjgTi
10-01 18:07





<参考ページ>

 「電子書籍の今後とせどり
 「速報:Amazon.com プレスカンファレンス、Kindle Fire発表

トラックバック

スポンサードリンク


スポンサードリンク

カテゴリー

楽天カード

せどりの必須アイテム楽天カード


楽天カードの申し込みはこちら
ここから申し込むと上記のポイントがもらえます
(他の所で申し込むと2000ポイントのみ)

1、せどり最高のカード
2、楽天市場での還元率2%
 (楽天は梱包材最安値商品多数)
3、楽天感謝デーに使うと還元率3%
 (毎週土曜が楽天感謝デー)
4、仕入や普段の買い物でも1%還元
5、1ポイント1円相当
6、年会費・入会費・手数料永年無料

下記の楽天市場の商品以外でもブックオフ、アマゾン、スーパーなどカードが使える所であれば1%分のポイントがつくので上手に利用すれば梱包材などせどりで必要な消耗品の何割かがポイントでカバーできたりします。現在他のカードを利用していても楽天カードは還元率も最高で5000円分のポイントが付与されるので手元においておいて損はないでしょう。こちらからも申し込みが時々あるみたいです。

楽天カードについての記事はこちら

クッション封筒


【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚19.9円 3980円 DVDサイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約204x305mm
内寸:約184x305mm
ベロ:約40mm



【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚24.9円 4980円 B5サイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約236x305mm
内寸:約216x305mm
ベロ:約40mm


プチプチ封筒(クッション封筒)
感想・使用感などの記事

楽天市場




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。