Top Page > スポンサー広告 > 【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]納品不備に禁止商品、ラベル、重量超過、梱包資材に関する不備タイプが追加されました 2014/04/01Top Page > アマゾン 新機能・機能更新 > 【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]納品不備に禁止商品、ラベル、重量超過、梱包資材に関する不備タイプが追加されました 2014/04/01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]納品不備に禁止商品、ラベル、重量超過、梱包資材に関する不備タイプが追加されました 2014/04/01

【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]納品不備に禁止商品、ラベル、重量超過、梱包資材に関する不備タイプが追加されました 2014/04/01

納品時に問題が確認された場合、不備内容が納品不備一覧に表示されていますが、納品不備のタイプに以下のタイプが新しく追加されましたのでお知らせいたします。

1. ラベルの内容や貼付方法に不備があります
上記の1は該当ASINの新規納品作成が一時停止となります。

2. フルフィルメント by Amazon、またはAmazon.co.jpで出品が禁止されている商品です
3. 複数の納品番号が1つの輸送箱に梱包されている、または輸送箱に配送ラベルが貼付されていません
4. 重量、またはサイズが超過している輸送箱があります
5. 不適切な梱包資材が使用されています
上記の2~5は該当のASINに限らず、納品作成機能自体が一時停止となります。

納品時に問題があった場合は、納品プランの管理の画面上部に表示されている納品不備一覧や、納品不備レポートから確認いただけます。受領されなかった理由をご確認いただき、次回からの納品時の改善にお役立てください。




関連記事(アマゾン新機能・仕様変更)


 「アマゾン新機能・仕様変更」 一覧
 「【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]納品不備に禁止商品、ラベル、重量超過、梱包資材に関する不備タイプが追加されました 2014/04/01
 「【機能更新】[フルフィルメント by Amazon] 配送ラベル印刷の変更点について 2014/03/28
 「【新機能】 売上ダッシュボードに、カテゴリーごとの売上げ表示が追加されました 2014/02/07
 「【新機能】[フルフィルメント by Amazon] 納品プランの管理に「受領差異の照会」が追加されました 2014/01/31
 「【機能更新】[フルフィルメント by Amazon] 納品プランの管理の変更点について 2014/01/29
 「【機能更新】商品登録画面のASIN検索で子ASINを確認することができます 013/12/10
 「【機能更新】[フルフィルメント by Amazon]手数料見積り額が在庫管理画面に表示されています 2013/11/22

投稿日 2014年4月3日

スポンサードリンク


スポンサードリンク

カテゴリー

楽天カード

せどりの必須アイテム楽天カード


楽天カードの申し込みはこちら
ここから申し込むと上記のポイントがもらえます
(他の所で申し込むと2000ポイントのみ)

1、せどり最高のカード
2、楽天市場での還元率2%
 (楽天は梱包材最安値商品多数)
3、楽天感謝デーに使うと還元率3%
 (毎週土曜が楽天感謝デー)
4、仕入や普段の買い物でも1%還元
5、1ポイント1円相当
6、年会費・入会費・手数料永年無料

下記の楽天市場の商品以外でもブックオフ、アマゾン、スーパーなどカードが使える所であれば1%分のポイントがつくので上手に利用すれば梱包材などせどりで必要な消耗品の何割かがポイントでカバーできたりします。現在他のカードを利用していても楽天カードは還元率も最高で5000円分のポイントが付与されるので手元においておいて損はないでしょう。こちらからも申し込みが時々あるみたいです。

楽天カードについての記事はこちら

クッション封筒


【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚19.9円 3980円 DVDサイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約204x305mm
内寸:約184x305mm
ベロ:約40mm



【送料無料】クッション封筒1箱200枚入り 1枚24.9円 4980円 B5サイズ テープ付
(こちらから購入できます)
外寸:約236x305mm
内寸:約216x305mm
ベロ:約40mm


プチプチ封筒(クッション封筒)
感想・使用感などの記事

楽天市場




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。